--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-19

《巨人》ドラえもん・アフレコ体験

「桃井沙央理ちゃんにはいつも優しいね」 と、やや嫌味を言われたが。

現在、好き勝手にメールを送れる 唯一の女性タレントが、鶴田美也子嬢。

今の私にとって、なくてはならない存在だ。

巨人ファンなら言うことないのだが。

創聖力(漢字違うかも)は巨人さんの思い通りになって地上と一緒になりました。

めでたし! レグヌムでの別れ。

リカルドはグレゴリの所へ。

頑張れおっちゃん! エルは子供たちのところへ。

頑張れエル! アンジュはアルベールと一緒にテノスへ。

クルーン、グライシンガーに続いてラミレスまで獲得だと!?懲りない、というか全く見境のない巨人の補強。

ビジョンもコンセプトも感じられない。

自前で外国人選手を発掘することも出来ない。

出場機会を失う若手選手もやる気を失うだけだぞ。

逆指名といろいろ名称は変わったが, いわゆる「ドラフト1位」。

巨人は最早,高卒新人のレギュラーは出現しないと言っていい。

あの桑田・槇原・斎藤の三本柱もみんな高卒。

なんか,巨人はアメリカ・メジャーの球団みたくなってきた。

6年ぶりにリーグ優勝を逃した巨人と喧嘩別れのような形で辞任した 水原茂 を監督に迎える。

水原は「規律主義」だった巨人時代とは一変し、選手を抑え付けず自由に野球をやらせる環境を整えた。

それが 張本勲・山本八郎 のような 「暴れん坊集団」の代表格来年公開予定の『ドラえもん・のび太と弥陀降りの巨人伝』のアフレコ体験キャンペーンをやるそうです。

対象は子供のようですがもし当たったらいい経験になりますね?。

詳しくは「TOHOシネマズ」で検索すると載っているそうです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。